向山洋一☓向山行雄が次世代に伝えたいこと

教育技術法則化運動を立ち上げ、数々の著書を出版し、教育実践家としてはもちろん教育運動のリーダーとして活躍してきた向山洋一先生。

教員から、行政、管理職、全国校長会会長、そして大学教授として敎育界のリーダーとして活躍してきた向山行雄先生。

このご兄弟が再び語り合うセミナーが実現しました。

お二人が培ってきた様々な教育技術・教育思想を後輩に直伝するのが本セミナーです。

向山洋一先生、行雄先生に自分の実践をコメントしていただくことも可能です。

お二人の仕事を次代に引き継ぎ、さらに発展させていただきたいという先生のための講座です。

申込みはこちら

期日:2017年10月14日(土)13:00〜16:30

会場:AP西新宿

〒160-0023

東京都新宿区西新宿7丁目2番4号新宿喜楓ビル6F・5F・4F

・JR線「新宿」駅中央西口から徒歩6分

・小田急/京王/都営新宿線「新宿」駅徒歩6分

・大江戸線「新宿西口」駅D5出口徒歩1分

・西武新宿線「西武新宿」駅徒歩5分

詳しい地図はこちら

 

講座内容(予定)

※講座内容は予告なく変更の場合もあります。

13:00〜13:40

講座1 向山洋一の代表的授業実践を分析する

向山洋一先生の実践は、小学校1年生から6年生まで全て本になっています。

国語、算数、理科、社会、体育、図工、家庭科、学級経営・・・・

向山先生は、全ての教科・領域で圧倒的な子どもの事実・具体的な教育実践を残されてきました。

数々の実践は全国の多くの教師に追試されています。

向山実践を学ばれている先生に、向山先生の代表的実践を抽出、分析し発表頂きます。

その発表に向山洋一先生。向山洋一実践の分析を数々行ってきた谷 和樹先生に解説いただきます。

(公募4名 1人発表・コメント含み10分)

 

13:40〜14:30

講座2 向山行雄が審査するあなたの「社会科指導案」「社会科授業」

向山行雄先生は、社会科教育を長年研究されています。

東京都の研究員、指導主事、指導室など歴任され、校内でも様々な研究をされてきました。

また、各地の学校に講師と呼ばれ、数々の授業にコメント・指導・分析をされてきました。

その行雄先生に、あなたの社会科指導案を見ていただき、コメントしていただきます。

こんな機会はなかなかありません。過去の社会科研究授業の指導案でも構いません。

ご自身の実践をご発表下さい。

行雄先生がどのような観点で分析されるのか学びになります。

また、行雄先生が行ってきた、授業分析の方法について伝授していただきます。

(公募3名 1人発表・コメント含み10分 行雄先生の授業分析について20分)

 

14:30〜14:45 休憩

 

14:45~15:35

講座3 谷教授が聞く向山洋一・向山行雄に聞く

「授業上達の極意・未来の学校教育」

   <聞き手 谷和樹先生 洋一先生(民間教育運動代表)VS行雄先生(全国校長会会長)の立場で >

向山洋一先生は、教育実践者、教育運動の代表として日本一になりました。

向山行雄先生は、行政、管理職、全国校長会会長として日本一になりました。

分野は違っても、教育会のトップに立たれたお二人の兄弟。

谷和樹先生の質問に、お二人に異なる視点でご回答頂きます。

 

15:35~15:50 休憩

 

15:50〜16:10

講座4  向山行雄講座「日本の教育を次世代に託す」

行雄先生の長年の教員、指導主事、管理職、全国校長会長などの経験から、

これからの教育を見通したお話をしていただきます。

新しい学習指導要領から学校現場での具体的な出来事までまで今教師が知っておくべきことを伝えていただきます。

 

16:10〜16:30

講座6 向山洋一講座 向山実践・法則化・TOSSを通して次世代に伝えたいこと。

法則化からTOSSまで30年以上にわたって教育運動のトップとして現在も活躍されている洋一先生。

最新の教育動向から、今までの実践まで、次の世代へのメッセージをいただきます。

 

申込みはこちら

 

講師:向山 洋一


TOSS代表。日本教育技術学会会長。

講師:向山 行雄


帝京大学教職大学院教授。元全国連合小学校校長会会長。

講師:谷 和樹


玉川大学教職大学院教授。NPO TOSS授業技量検定代表。TOSS授業技量検定十段。